エアロメガフロート計画



計画趣旨

関西国際空港の2期工事計画は着々と造成が進んでいます。
2期工事計画では、1期島との間に運河のような海が残されます。
我々はこの中海にカジノを中心とした一大娯楽施設を浮かべ、
広大な内水面を商業地域として創造することを計画したいと考えます。
その巨大な浮島をエアロメガフロートとし、「空・海・人・物との交流」
の活性拠点となる空間を実現します。
本計画は、関西国際空港の発展に寄与し、赤字に苦しむ関西国際空港株式会社の経営を
側面より応援したいと考えています。本計画の実現は皆様の参加が可能です。
資金調達はシドニーオリンピックを成功させたPFI方式で実施したいと考えます。





◆PFIとは

   ◆全体図

◆関連新事業に関する企画検討私案

◆アミューズメント計画

◆計画収支




企画立案 ロイヤルエアポートサービス

代表取締役 小川 晃

総合企画監修 福岡大学

工学部教授 吉田 信夫

基本設計 某 設 計
施  工 大手造船所数社

大手ゼネコン数社JV

大手マリコン数社

顧  問 数  名


@メガドーム(カジノ・水族館)    Aワールドショッピングセンター・ホテル
Bエアロヨットハーバー   C親水公園・釣り公園
Dシーサイド遊歩道   Eエネルギー公園
Fエコロジー施設   G立体駐車場




弊社は現在、本事業計画に対する政府機関
及び民間関係各社の理解と協賛を得る為、
積極的に働きかけを行っております。
必ずや近々事業計画の理解を得られ、
関西空港2期工事完成と共に本事業が
同時オープンするよう全力を尽くすものであります。
PFI方式による本事業に協賛される方の御参加をお待ちしております。

この件、または弊社に関してのご意見・ご質問等はこちら

Home